本文へスキップ

公益財団法人いばらき文化振興財団は文化振興事業を行うことにより、豊かな文化の県づくりに寄与しています。

TEL. 029-305-0161

〒310-0851 茨城県水戸市千波町後川745

ミュージックカフェMUSIC CAFE

たかとりじゅんのミュージックカフェ

百人一首・オン・クラシック

2月11日(土)14:00開演(13:30開場)
茨城県立県民文化センター・小ホール
全席指定 1,800円【コーヒー付き】
チラシダウンロード【PDF】

司会:たかとりじゅん(茨城放送パーソナリティー)
講師:塙雅文(茨城女子短期大学准教授)
演奏:山崎法子(ソプラノ)・田中悠一郎(ピアノ)

プログラム

茨城放送人気パーソナリティー「たかとりじゅん」がクラシック音楽をトークと演奏で面白おかしく 紹介した2部構成のバラエティー型演奏会

第1部『百人一首・オン・クラシック』
2月は恋愛の大イベント『バレンタイン』の季節。
はるか昔の平安時代でも恋というものは悩みの種になっていたようで・・・。
今回、小倉百人一首から恋や愛について詠った和歌をピックアップし
平安時代の歌人の恋の悩みを西洋のクラシック音楽と掛け合わせて紹介する和と洋がコラボした演奏会。

演奏曲:モーツァルト/オペラ“フィガロの結婚”より『恋とはどんなものかしら』
    シューマン/献呈
    リスト/愛の夢  他

第2部『ラジオ×クラシック』
『あなたのバレンタイン』をテーマに事前に募集した淡い思い出や悩み事などのエピソードを
茨城放送人気パーソナリティー「たかとりじゅん」がラジオDJ風に生演奏に合わせて面白おかしく紹介する演奏会

演奏曲:石川啄木/初恋
    サティ/ジュ・トゥ・ヴ
    モリコーネ/“ニューシネマパラダイス”より『愛のテーマ』

出演者プロフィール

塙雅文(はなわまさふみ)

茨城県出身。 茨城大学教育学部および大学院修士課程を修了し、県立高校教諭を経て茨城女子短期大学表現文化学科の准教授となる。 日本語表現法・古典などを担当している。2011年の東日本大震災以降、東松島・石巻の仮設住宅に高校生・短大生・大学生・一般市民ともに訪問ボランティア活動を続けている。 2012年より高校の道徳の時間に「被災地の現状理解とボランティアについて」と称して17回講演活動をしている。日本国語教育学会茨城県常任理事。
 
山崎法子(やまざきのりこ・ソプラノ)

茨城県出身。国立音楽大学卒業。同大学大学院修士課程声楽専攻(ドイツ歌曲コース)修了。ウィーン国立音楽演劇大学歌曲・オラトリオ科、オペラ科修了。 国立音楽大学大学院博士後期課程音楽研究領域声楽専攻単位取得満期退学。茨城県新人演奏会奨励賞、友愛ドイツ歌曲コンクール、 日本音楽コンクール声楽部門(歌曲)各入選、国際ブラームスコンクール第3位、J.S.G.国際歌曲コンクール第1位。2010年には東京文化会館においてリサイタルを開催(日本演奏連盟主催)。 これまでに、長島剛子、眞嶋美彌、E.マティス、A.ハース、D. ルッツ、C.マルム、D.オルロフスキー、U.タイマーの各氏に師事。日本演奏連盟会員。現在、群馬大学教育学部准教授。
田中悠一郎(たなかゆういちろう・ピアノ)

群馬県高崎市出身。群馬大学教育学部音楽専攻卒業、同大学院教育学研究科修了。ドイツ・カールスルーエ音楽大学大学院歌曲伴奏科を全ての試験で最優秀の成績を得て修了。 ヨーロッパでの研鑽を積んだ後に帰国、帰国後2014年友愛ドイツリートコンクール、平成27年度奏楽堂日本歌曲コンクール歌唱部門において優秀共演者賞を受賞。 歌曲伴奏を子安ゆかり、塚田佳男、U.アイゼンロール、M.ハドゥラの各氏に師事。現在、群馬県立西邑楽高校音楽コース講師、歌曲・室内楽のアンサンブルピアニストとして活発に活動している。

シネマdeクラシック

3月5日(日)14:00開演(13:30開場)
茨城県立県民文化センター・小ホール
全席指定 1,800円【コーヒー付き】
チラシダウンロード【PDF】

司会:たかとりじゅん(茨城放送パーソナリティー)
講師:君塚淳一(茨城大学教授)
演奏:城戸春子(チェロ)・山崎響子(ヴァイオリン)
   千葉博美(ピアノ)

プログラム

茨城放送人気パーソナリティー「たかとりじゅん」がクラシック音楽をトークと演奏で
面白おかしく紹介した2部構成のバラエティー型演奏会

第1部『シネマdeクラシック』
3月は出会いと別れの季節。
そんな季節にぴったりなアメリカ映画をご紹介。また劇中で使われている名曲の数々を
チェロ、ヴァイオリン、ピアノの編成でお贈りします。
センチメンタルでありながらも、新たな出会いに向けての希望あふれるこの季節にうってつけのプログラムをお楽しみください。

演奏予定曲:
    『風と共に去りぬ』タラのテーマ
    『ピノキオ』星に願いを
    『ティファニーで朝食を』ムーン・リバー
     『ウエストサイドストーリー』アメリカ〜トゥナイト 他

第2部『ラジオ×クラシック』
みなさまの『出会いと別れ』のエピソードを事前に募集し、茨城放送人気パーソナリティ
「たかとりじゅん」がラジオDJ風にご紹介いたします。
またそのエピソードやお悩みにあった楽曲を紹介、登録アーティストが生演奏でお届けする演奏会。

演奏予定曲:
    『タイタニック』マイハート・ウィル・ゴー・オン
    主よ 人の望みの喜びよ/バッハ  他

出演者プロフィール

君塚淳一(きみづかじゅんいち)

茨城大学教授
【専門】アメリカ文化、文学。1960年代や1920年代論、
映画やロックに関する著書など多数。
大学の授業では、アメリカ文化関連のものとして「ビートルズと1960年代アメリカ」「映像作品と時代そして文化的背景」などの人気講義を開講している。
また映画やミュージカルについての評論やパンフレットなど執筆。最近では「もっと泣いてよ、ラッパー」「ジャージーボーイズ」のミュージカルのパンフレットを執筆。
【主要著書】  
『アメリカン・ポップ・カルチャー60年代を彩る偉人たち』(編著)
『アメリカ1920年代の光と影』(編著)
『アメリカ映像文学に見る少数民族』(共著)
『映像文学に見るアメリカ』(共著)ほか多数。
「Tim Burton とアメリカン・ゴシックの伝統:『シザーハンズ』を中心に」(論文)などがある。
 
城戸春子(きどはるこ・チェロ)

東京藝術大学附属音楽高等学校、同大学卒業、同大学院修了。 1998-2002年、東京藝術大学で、室内楽の非常勤講師を勤める。 2002-2004年、フランスに渡り、セルジーポントワーズ音楽院卒業、オーヴェルビリエ音楽院のディプロム取得。 フランス・パリのユーロセントルにてリサイタル開催。ソロ、室内楽、オーケストラなどで活動。第24回茨城県新人演奏会新人賞受賞、受賞者演奏会出演。 チェロを、鈴木和生、月足脩二、堀江泰氏、黒川正三、三木敬之、河野文昭、M.シュトロス、F.ポリー、F.ロリドンの各師に師事。 現在、水戸第三高等学校音楽科、取手松陽高等学校音楽科非常勤講師。
山崎響子(やまざききょうこ・ヴァイオリン)

つくば市出身。5歳よりヴァイオリンを始める。
桐朋学園大学音楽学部卒業。同大学研究科修了。
桐朋オーケストラ・アカデミーで研鑽を積む。
ヴァイオリンを桑田晶、沼田園子、川口静華、名倉淑子の各氏に師事。
韓国インチョン&アーツアカデミー(チョン・ミョンフン音楽監督・指揮)に桐朋学園特別オーケストラのメンバーとして参加。
第9回大阪国際音楽コンクール入選。
第36回茨城県新人演奏会に出演、茨城県新人賞を受賞。
2010〜2015年、フェリス女学院大学音楽学部非常勤副手を務める。
東京室内管弦楽団とコンチェルトを共演。
現在、演奏活動の傍ら、ひたちジュニア弦楽合奏団講師、茗溪学園室内楽部コーチを務めるなど、地元茨城で、指導にも力を入れて取り組んでいる。
千葉博美(ちばひろみ・ピアノ)

4歳からピアノを始める。 高校卒業後、ハンガリー国立リスト音楽院に留学。
2001年、リスト音楽院修了。その後、アメリカにて研鑽を積む。
03年、テキサス州フォートウォースオーケストラと共演。
04年、札幌にて帰国リサイタルを開く。
06年、サンフランシスコにてコンサート出演。
第6回ローゼンストック国際ピアノコンクール入賞。
第9回“万里の長城杯”国際音楽コンクール、アンサンブル部門にて奨励賞を受賞。
2015年、ひたちなか市民オーケストラとモーツァルトピアノ協奏曲で共演。
美術館コンサート、ロビーコンサート、まちづくりコンサート、施設、学校などで活動。 ソロ、アンサンブルで各地で演奏している。

バナースペース

公益財団法人いばらき文化振興財団

〒310-0851
茨城県水戸市千波町後川745

TEL 029-305-0161
FAX 029-305-0163